saibanchou_no_gavel

1: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:40:05 ID:JHf
1(中)「長い首」事件
2(遊)余目町トルコハワイ事件
3(右)赤ちゃんあっせん事件
4(左)主婦連ジュース事件
5(指)「署名狂やら殺人前科」事件
6(一)白山ひめ神社御鎮座二千百年式年大祭奉賛会損害賠償事件
7(二)信玄公旗掛松事件 (大審院判決)
8(三)エホバの証人剣道受講拒否事件
9(捕)ゴールド免許訴訟
P「ときめきメモリアル」メモリーカード事件

【☆リアルタイムおすすめ記事☆】


2: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:40:44
詳細

3: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:41:10 ID:JHf
1(中)「長い首」事件

 被害者Xの車と加害者Yの車の追突事故。Xは首が長いせいでアゴが少し不安定だったため、頸椎の損傷などの後遺症を負った。
 Xはこの怪我も含めてYに損害賠償を請求。
 これに対してYが、Xの怪我は彼の首が長いせいで拡大したものとして民法の規定に基づく減額を主張した。
 最高裁は、他人より首が長い程度のことは賠償額の算定で考慮すべき「疾患」とは言えないとして加害者Yの主張を退けた。

4: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:41:37
まワ晒

5: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:41:44
面白い

6: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:41:45
どれも知らねぇ

7: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:41:49 ID:JHf
 損害賠償は、通常想定しえない被害者の身体的・精神的な素因によって被害が拡大した場合に減額される仕組みがある
 例えば、本来は軽傷で済むような事故で被害者が難病を持っていたために死亡したというような場合
 そんで、個人差の範囲内の身体的・精神的特徴では減額の対象にならないということが判示されたのがこの判例や

8: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:42:18
もうおもろい

9: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:42:34 ID:JHf
2(遊)余目町トルコハワイ事件

 Xは個室付浴場を営業しようと、山形県余目町で県の建築確認を得て建設を開始した。
 それを知った周辺住民が反対運動を起こしたため、山形県と余目町はXの営業を阻止すべく、当時の風営法に注目。
 当時の風営法には公園の近辺で営業してはいけない規定があったため、後から公園を設置することで営業を阻止
 しようと考えた。そして余目町は建設中の付近に小さな公園を作り始めた。
 Xは完成した営業許可を申請すると、余目町は公園の完成を待ってからXの営業許可申請を受諾した。
 Xは営業を開始すると、風営法違反で営業停止処分がなされ、さらに起訴された。
 最高裁は、この山形県と余目町の行為について「行政権の濫用」とし、Xに無罪を言い渡した。

12: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:43:22
>>9
さすがに酷い

19: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:44:41
>>9
こんな話ナニワ金融道にあったな

30: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:46:42
>>9
やり口が汚すぎて草

10: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:42:43
知ってると面白そうな話

18: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:44:38 ID:JHf
3(右)赤ちゃんあっせん事件

 医師のXは、違法な中絶を望む妊婦たちを説得して出産させ、生まれた赤ちゃんを子どものいない夫婦にあっせんし、実子として戸籍に登録
 できるように虚偽の出生証明書を作成するという行為を繰り返し、有罪判決を受けた。
 このような事実を受け、県医師会はXについて妊娠中絶手術のできる医師としての指定を撤回した。
 これに対してXがこの撤回処分は根拠が無く違法だと主張して取消しを求めた。
 最高裁は、Xのあっせん行為の問題点等を考慮し、撤回処分は法律に直接の明文規定が無くともできると解すべきとして原告Xの主張を退けた。

24: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:45:57
>>18
なんとも言えんなこれ

43: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:48:31
>>18
赤ちゃんの生命助けて、子供欲しい人に赤ちゃんが来て、誰も不幸せになってないのにな。

20: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:45:10
民事と刑事がごっちゃになってんのか

21: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:45:37 ID:JHf
>>20
行政訴訟も混ざってるで

22: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:45:47
>>21
はぇー

23: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:45:56 ID:JHf
ちなみにXは犯罪と知りながらも、赤ちゃんを救いたいという正義感でやってたらしいで
 当時はだいぶセンセーショナルに報道されて、法律の改正なんかもされたみたいや

28: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:46:31
>>23
確信犯か
切ないな

25: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:45:59
なんでこれが最高裁まで行ったんや...

26: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:46:20 ID:JHf
4(左)主婦連ジュース事件

 公正取引委員会は、果汁5%未満の飲料でも「ジュース」と表記できるとする規約について認定を行った。
 「主婦連合会」はこのような規約は一般消費者に誤解を与えるので不適切と主張し、不服申し立てをした事件。
 最高裁は、一般消費者たる主婦連は「法律上保護された利益」をもつ審査請求資格者とは言えないとして、主婦連の主張を退けた。

37: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:47:47 ID:JHf
5(捕)「署名狂やら殺人前科」事件

 Xは衆議院議員選挙立候補者である。
 Y新聞社はこのX候補について学歴詐称と経歴詐称の疑いを報道した。
 候補者XはY新聞社に対して名誉及び信用毀損による損害賠償及び慰謝料請求をした。
 最高裁は、民事訴訟においても刑法の規定と並行的に捉え、事実の公益性・目的の公益性・事実の真実性の3つを要件として不法行為の
 成立の可否を判断すると解すべきとして、原告Xの主張を退けた。

39: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:48:13 ID:JHf
 「署名狂やら殺人前科」というのはYの出版した新聞の見出しが由来
 ちなみに「真実性」というのはガチの真実じゃなくても、真実と信じる相当の理由があれば足りるとされてるで

45: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:49:07 ID:JHf
6(一)白山ひめ神社御鎮座二千百年式年大祭奉賛会損害賠償事件

 白山市の市長(当時)は、白山ひめ神社の式典事業を支援する団体の発足式に出席して祝辞を述べた。
 住民Xがこれを憲法の政教分離原則違反であり違法な公金支出だとして、損害賠償を請求した事件。
 最高裁は、市長の行為はあくまで一般の儀礼的な祝辞に過ぎないから憲法に違反するものではないとして原告Xの主張を退けた。

46: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:49:36
割と法学を学ぶ上で重要な判例多いな

47: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:49:57
>>46
そら最高裁判決やからな

53: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:51:17 ID:JHf
7(二)信玄公旗掛松事件 (大審院判決)

 Xは武田信玄が軍旗を掛けたという伝承のある古い松の木を所有していた。
 その松は国鉄(現JR)の路線沿いに立っており、そこを通過する汽車の排煙によって枯れてしまった。
 Xは国を相手に個人で損害賠償を請求(民事訴訟)。
 大審院は、いかに公共性の高い鉄道事業とはいえ他人の権利を侵害していて権利の濫用があるとして原告Xの主張を認めた。

57: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:51:59
>>53
勝ったんやこれ

58: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:52:14
>>53
よく勝てたなこれ

59: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:52:25
>>53
どっかの温泉のほうが有名じゃね?????

66: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:53:34 ID:JHf
8(三)エホバの証人剣道受講拒否事件
 
 A高校の生徒であるXは、「戦いを学ばず」というエホバの証人の教えに基づき、必修科目である体育の剣道の授業を拒否した。
 Xは代替措置を講じてほしいとA高校に申し入れたが、却下された。Xはその結果留年となった。
 翌年も同様の経緯で留年したため、A高校を退学処分になった。
 そこでXがこの処分を信教の自由を奪うもので違憲だと主張して提訴した事件。
 最高裁は、A高校の処分を「社会観念上著しく妥当を欠く処分」であり違法として原告Xの主張を認めた。

68: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:54:16
>>66
これはシャーないな

83: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:55:50 ID:JHf

9(捕)ゴールド免許訴訟

 Xは、交通違反があったとして免許更新の際に優良運転者(いわゆるゴールド免許)でない一般免許者と扱われた。Xは交通違反をしていな
 いのでゴールド免許のはずだと主張して、更新処分の取消しとゴールド免許の付与を求めて出訴した。
 被告側は、一般免許だろうがゴールド免許だろうが免許の中身は同じなので、「訴えの利益」のないXには訴訟資格が無いと主張。
 最高裁は、ゴールド免許者は独自の法律的地位を与えられているものだから「訴えの利益」を有するとして原告Xの主張を認めた。

87: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:57:09
>>83
こんなんで訴えるとか暇すぎやろ

95: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:59:14 ID:JHf

P 「ときめきメモリアル」メモリーカード事件

 X会社は、恋愛シミュレーションゲーム「ときめきメモリアル」の改造セーブデータを販売していた。
 これを受けて正規版「ときめきメモリアル」の発売元であるY会社は、X会社に対して著作権法違反を主張し損害賠償を請求した。
 最高裁は、X会社は著作者の同一性保持権を侵害しているとして原告Yの主張を認めた。

97: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:59:41
>>95
残当

98: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:59:42
>>95
これは妥当すぎる

99: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)17:59:45
>>95
そらそうなるとしか言えない

100: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)18:00:01
ゲーム改造は最近アカンて法律なったよな

103: 名無しのまとめーる 20/02/28(金)18:00:19
でもこれ考えたら改造車売ってるのとかもホンマはあかんのか



引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1582879205/