570938

1: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:21:37.065 ID:6T2xFjZvd
誰かに聞いて欲しいからスレ立てた
とりあえずつらつら書いていく

【☆リアルタイムおすすめ記事☆】


3: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:22:40.988 ID:6T2xFjZvd
きっかけは大学生になって飲食店のアルバイトを始めたこと。1年生の時は違うバイトをしてて2年生の6月にとある飲食チェーン店でホールスタッフとして働き始めた。

5: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:24:14.004 ID:6T2xFjZvd
職種柄飲食店ということで明るいバイトが多い
。幼い頃からそこそこの成績とそこそこの進学校とそこそこの大学という学歴で、特に誇れることもなく、人生がマンネリ化してた俺は旧帝大生から中卒フリーターまで同世代がごちゃ混ぜにいる飲食店のアルバイトに居心地の良さを感じていた。

6: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:24:19.603 ID:4pl1utHba
俺の持ち場は厨房
正直料理なんてしたことないし簡単だろってノリで入ってみた

10: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:27:03.719 ID:6T2xFjZvd
>>6
厨房いいよなぁ。俺ホールだったけど誰でも働いてるしどうせできるだろう。賄い美味しそうだし的なノリで働き始めた。

8: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:26:06.661 ID:6T2xFjZvd
バイトを終えて控え室で帰る準備をしてるとある一つ下の男が話しかけてきた。ポルノグラフィティの晴一の若い頃に顔が似てるから、以下は晴一とする
「ここの店長クソじゃないですか」

12: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:28:14.033 ID:6T2xFjZvd
初対面で入って1ヶ月も経たないアルバイトに店長クソじゃないですか?といきなり切り出す晴一は何考えてるんだ、この人大丈夫か?と思ったけど、晴一が間髪入れずに話しかけてくるので相槌を打って、暫く話してその日は帰った。

13: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:30:33.773 ID:6T2xFjZvd
それから晴一とはバイトで出くわす度によく話すようになった。俺も晴一も音楽が好きだったから、その話でよく盛り上がった。
晴一にある時聞かれた。
「俺君ってさ?彼女とか好きな子とかおらんの?」

14: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:32:13.622 ID:6T2xFjZvd
彼女なぞいなかった。言い訳すると大学は男女比が9:1だったし、サークルに入ったものの正直可愛い子とか好きになりそうな子とかそんなに居なかった。俺は晴一に逆質問した。
「彼女いないよー。欲しいなぁー。晴一は彼女とかいないの?」

15: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:33:02.435 ID:6T2xFjZvd
晴一には彼女がいるらしい。そして晴一は続け様に笑いながらこう言った。
「彼女なんて作ろうと思えばすぐ作れるって」

16: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:34:17.594 ID:4pl1utHba
そうして春一は俺の手を握った、今考えればそれは“サイン”だったのだろう

21: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:38:19.918 ID:6T2xFjZvd
>>16
そこそこ厳格な家庭で育ち、高校はそこそこの進学校。バイトしてる人もほぼ居なかったからネット恋愛なんて遠い世界の都市伝説のような気がした。でも、今俺は足を踏み入れている。彼女が欲しい一心で。

17: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:34:36.399 ID:6T2xFjZvd
晴一についてわかったことがある。
高校は中退して、それ以来バイト先を転々として晴一の姉の紹介でこの飲食店のバイトに流れ着いたこと。彼女はNANAという音楽アプリで知り合って実際に会って付き合ったこと。で、彼女が高校1年生だったこと。

18: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:34:40.788 ID:UcKvXds+0
そうして俺たちは手を繋いで夜の街に消えていった

19: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:35:53.363 ID:6T2xFjZvd
大学生になったのに彼女の一つも出来ない俺は悔しさを覚えた。音楽は好きだけど、カラオケの実力は並だから音楽アプリは厳しい。アプリはサクラが多くてお金がかかりそう。試行錯誤して行き着いたのがskypeだった。

22: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:39:01.595 ID:4dxXLyJva
話の導入に時間かけるやつはモテない

23: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:39:43.006 ID:6T2xFjZvd
勇気を出してskypeをやってみたが、上手くはいかなかった。俺の学科は大学2年生の頃が一番忙しく、バイトにサークルもしていたので、気がついたらログインするのを忘れていた。相変わらず彼女など出来ないまま3年生になった。晴一は彼女と別れていた。

24: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:42:12.650 ID:6T2xFjZvd
3年生の春学期を終えて夏休みになった。暇な時間が出来てskypeの存在を思い出した俺はskypeにログインして、色んな女の子と話すようになった。そして、ある時写真に可愛い顔の女の子のアイコンがあった。すぐにコンタクトを飛ばした。その子がニートの彼女。以下結菜にする

26: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:46:28.844 ID:6T2xFjZvd
マンネリ化していた毎日にうんざりしていたこと、大学生になって1回も彼女がいないのが嫌だったこと。結菜の話を聞くカウンセリングのような役目を俺は何となく引き受けるようになった。結菜はお洒落と音楽とゲームが好きだと言っていたので、その話で盛り上がったりもした

27: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:47:44.168 ID:6T2xFjZvd
いつしか結菜の話を聞くのが楽しみになっていった。大学はほぼ男子校だったし、慕ってくれる異性がいるだけで嬉しかった。そんな日々が3ヶ月くらい続いた。ある時結菜に告白された。

28: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:49:22.859 ID:6T2xFjZvd
結菜のことを好きかどうかはわからなかった。会ったことが一度もなかったから。しかしこのチャンスを逃したら大学生活で一度も彼女出来ないかもしれないという危機感と、結菜という彼女ができることで自分自身何か変わるかもしれないことを期待した。俺は承諾した。

29: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:51:55.235 ID:6T2xFjZvd
結菜が人混みが嫌いだと言っていた。免許は持っていたけど家に車がなかったので、電車に乗って結菜の家の最寄駅に4時間かけて会いに行った。もしこれがサクラだったら?という懸念はあったものの、やらずに後悔するよりやって後悔しようと都合よく言い聞かせた。

30: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:53:08.853 ID:6T2xFjZvd
結菜は写真通りの人だった。そして会った瞬間いきなり手を繋いで来た。結菜は確かに可愛かったからこの時ばかりはたちかけた。そもそもサクラが怖くてビデオ通話しようと言って、確かめて置いて良かったと思った。

31: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:54:39.560 ID:6T2xFjZvd
結菜の家に行くと結菜の姉が出てきた。電話で何回か姉とも話をしていた。姉は結菜に似てなかった。大学1年生だった。結菜と遊んで家でデートして、何年も彼女がいなかった俺にとって正直至福のときでしかなかった。

32: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:55:57.731 ID:6T2xFjZvd
けど疑問符も沢山あった。結菜には友達がいないので、話し相手は家族と多分俺くらいしか居なかった。だから依存も凄かった。最初はこんな可愛い子に依存される俺って感じで舞い上がっていたけれど、依存具合が凄くて怖くなっていっていた。

33: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:57:04.553 ID:6T2xFjZvd
さらに会って家でデートして、沢山の疑問符が浮かんだ。何年かぶりに彼女出来て退屈な日々に刺激が出来たのは良かった。俺も何年も恋愛してこなかったから、付き合うとかよくわからない面もあった。

35: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:58:44.832 ID:6T2xFjZvd
毎日寝落ち通話する。大抵俺が次の日学校とかバイトとかですぐ寝るけど、結菜は俺が寝ても電話を切る事はなかった。俺が夜勤バイトの日もあったので、結菜に帰り2時だから先寝といてとしても結菜は起きてる。俺君好きだからの一点張りだった。

36: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 01:59:55.550 ID:6T2xFjZvd
体調悪くなるだけだから寝た方がいいよ。ってしても言うことを聞いてくれず、バイトが終わ時間を見計らってが来てそのまま俺が寝るまで通話していた。

37: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:01:07.071 ID:6T2xFjZvd
後過去に虐められたエピソードをずっと話してくるのも辛かった。最初は可哀想だなと思って聞いていたけど、何度も同じ話をされるので聴いてるこっちとしても疲弊してきた。わかった切るねとは言えないから、適当に相槌打ってやり過ごした。

38: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:02:29.906 ID:+iAOQS9Pp
でも何かおかしい…実は俺の行動を監視して何か企んでいるんじゃないかと疑い始めてしまった…

41: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:09:32.444 ID:6T2xFjZvd
>>38
そういう懸念があった時期もあった。

更に財布の中身見てもいい?といきなり聞いてきた。流石に断った。びっくりした。
後結菜は何処に行くにも何をするにもやたら手を繋ぎたがっていた。押さえつけられた憤りをぶつけるかのように恋してる自分に恋してるのでは?と思った。

48: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:19:46.384 ID:6T2xFjZvd
京都のデート話を受けて俺は計画を練った。結菜とプランを立てた。リードも計画も全部引き受けた。この作業は凄く楽しかった。京都になった理由は結菜の姉が私用で車を出して、京都に行くからということだった。で、俺の家と結菜の家の中間地点が丁度京都駅だった。

51: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:23:19.496 ID:6T2xFjZvd
毎日の寝落ち通話にうんざりしていたので、結菜に1限あるから今日電話できない。ごめんね。とした。結菜からはそっか、わかった。とだけが来た

52: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:25:12.702 ID:6T2xFjZvd
結論から言うと結菜との寝落ち通話を断った2日後に別れようとが来た。意味がわからなかった。晴一に彼女できた話をすると自分のことのように喜んでくれてたし、結菜のことを好きになりかけてた自分もいたから。

53: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:26:48.580 ID:6T2xFjZvd
なんで別れようと思うの?って俺がした。
結菜は俺と電話してると俺が朝起きられないかもしれないじゃん。やっぱり嫌だったんでしょう。とが来た。そういうわけじゃない。ただ朝早くて寝ないといけない日があるのはわかって欲しいと送った。

54: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:28:13.842 ID:6T2xFjZvd
突然夜に結菜から電話がかかってきた。しかし、声の主は結菜ではなく結菜の姉だった。
妹が別れたがっているから別れてあげて欲しい
と言われた。俺は事態を飲み込めなかった。
いや、なんで?てか姉の問題じゃなくない?って思ったし沢山の反論が浮かんだ。

55: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:29:11.208 ID:FFC2cK7qd
デートしといて好きになりかけてたとかめんどくさい奴だなお前

57: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:31:55.442 ID:6T2xFjZvd
>>55
俺好きって感情が未だにわからないんよ。ただ結菜に必要とされたいとは思ってた。それは好きに入るのかな?
結論から言うと結菜に振られた。なんかもうメンタルやばくて晴一にして、晴一と公園で飲みまくった。以上。質問あれば受け付ける。

56: 名無しのぽけまとめーる 2019/07/09(火) 02:29:30.962 ID:6T2xFjZvd
しかし、あまりにも唐突な事態に冷静さを欠いていた俺はこの時ばかりは反論が浮かばず、結菜の姉のペースに完全に飲み込まれていた。だから結菜と話をさせて、ここで話してもこれは2人の問題だから。としか言えなかった。



引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1562602897/